Tuesday December 18th, 2012

エコプロダクツ2012で講演しました

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

2012年12月13日、14日の二日間、東京ビッグサイトで行われた「エコプロダクツ2012」にて、タカラトミーのブースで弊社専務取締役 高尾 正樹が講演いたしました。
エコプロダクツ2012 : http://eco-pro.com/eco2012/


Saturday December 1st, 2012

個人情報の取り扱いについて

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

この「個人情報の取扱いについて」は、日本環境設計株式会社及び子会社(以下、日本環境設計グループといいます。)が取得し、利用する個人情報を対象として、日本環境設計グループの個人情報に関する基本的な指針を定めるものです。


日本環境設計グループでは、個人情報取扱事業者として個人情報(個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述などによって特定の個人を識別できることとなるものを含みます)を取り扱うにあたっては、以下の「個人情報保護方針」を定め、個人情報の保護に関する法律、その他関係法令および「個人情報の取扱いについて」を遵守いたします。



【個人情報保護方針】
適切な個人情報の取得、利用および提供をいたします。
個人情報の漏えい、滅失またはき損の防止措置を講ずると共に、万一の発生時には速やかな是正対策を実施します。
個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。
お客様からの個人情報に関するお問合せに、誠実かつ迅速に対応します。
個人情報管理の仕組みを継続的に改善します。


【利用目的について】
日本環境設計グループは、利用目的をできる限り特定したうえ、あらかじめ本人の同意を得た場合および個人情報の保護に関する法律、その他法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、以下の利用目的の範囲内で個人情報を利用します。
・日本環境設計グループの商品やサービスの提供
・日本環境設計グループの商品やサービスのご案内
・キャンペーンの実施


上記の利用目的以外で個人情報を利用する必要が生じた場合には、あらかじめ本人の同意を得た場合および「個人情報の保護に関する法律」その他法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、その利用についてご本人のご同意をいただくものとします。


日本環境設計グループでは、各業務の一部を委託先に委託し、当該委託先に対して必要な範囲で個人情報の取扱いを委託する場合があります。この場合には、法令および日本環境設計グループで定めた基準に従って適切な管理を行います。


【第三者への提供について】
日本環境設計グループでは、日本環境設計グループが取得した個人情報を、以下のいずれかに該当する場合を除き、いかなる第三者にも提供または開示いたしません。
・ご本人の同意がある場合
・人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合であって、ご本人のご同意をいただくことが困難な場合
・その他法令にもとづく場合


【ご登録内容の開示、修正および利用中止について】
日本環境設計グループでは、業務の適正な遂行を妨げない限りにおいて、ご本人のお申し出により、個人情報をご本人に開示します。その場合、日本環境設計グループ所定の方法によって本人確認を行わせて頂きます。
ご本人に開示した個人情報に事実と異なる内容があった場合、日本環境設計グループではこれを直ちに修正します。またご本人から個人情報の利用停止の申し出があった場合には、直ちにその利用を停止します。


【クッキーの使用について】
当ウェブサイトでは、ご利用者が当ウェブサイトを再度訪問されたときに、ご利用者に対して、より良いサービスを提供するため、一部のコンテンツで「クッキー(Cookie)」を利用しています。


【アクセス履歴の取得について】
当ウェブサイトでは、ウェブサイトの保守やサービス改善を目的とし、お客様のアクセス履歴(アクセスログ)を記録しております。
アクセス履歴(アクセスログ):ウェブサイトにアクセスされたお客様のドメイン名やIPアドレス、ブラウザやOSの種類、アクセス日時、閲覧したページなどの情報が含まれます。しかし、個人を特定できる情報は含みません。


【各商品、サービス毎の個人情報の取扱いについて】
日本環境設計グループでは、各商品、サービスに関するサイト、電子メールその他各種のご案内等において、当該商品、サービス等ごとに個人情報の利用目的、第三者への提供、セキュリティ、お問合せ先等、その個人情報の取扱いについて個別に定めている場合があります。その場合に、「個人情報の取扱いについて」と異なる定めや特別な定めがあるときには、当該各商品、サービス等ごとに定めた個人情報の取扱いに関する事項を優先して適用させていただきます。


【改定について】
「個人情報の取扱いについて」は、関連する法令等の改正や日本環境設計グループの方針の変更等により予告なく変更する場合があります。


【「個人情報の取扱いについて」に関するお問い合わせ先】
日本環境設計株式会社
TEL:03-6273-3218

制定日: 2012年12月1日
最終改訂日: 2012年12月1日


Thursday November 22nd, 2012

FM PORT(新潟)のラジオ番組に出演します

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

FM PORT(新潟県民エフエム放送株式会社)の番組「MORNING GATE」のコーナー「ecoひいき」に、弊社専務取締役 高尾 正樹が出演します。
FUKU-FUKUプロジェクトの取り組みについてお話します。視聴できる地域の方はぜひお聴きください。

FM PORT(79.0MHz) MORNING GATE
出演予定時刻:11月26日(月)午前9時05分頃~


Tuesday November 20th, 2012

Our Mobile Phone Recycle Project has listed on the List of Prospective Projects for Japan’s USD 4.5 Billion Facility for the Delhi Mumbai Industrial Corridor (DMIC) Project

Press release from METI, Japan "Japan-India Agreement on the List of Prospective Projects for Japan's USD 4.5 Billion Facility for the Delhi Mumbai Industrial Corridor (DMIC) Project"
http://www.meti.go.jp/english/press/2012/1119_01.html

Prospective projects for Japan's USD4.5 billion DMIC facility (as of 19th Nov. 2012)
http://www.meti.go.jp/english/press/2012/pdf/1119_01b.pdf


Friday November 16th, 2012

岡山県立倉敷天城中学校で講演しました

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

弊社専務取締役 高尾 正樹が岡山県立倉敷天城中学校で講演しました。
「研究者の仕事について」というテーマで、生徒との座談会形式で、環境ベンチャーとしての業務内容や将来の夢について紹介しました。


Tuesday October 30th, 2012

Our recycling project in India have been published on The Asahi Shimbun (News Paper)

Our recycling project in India have been published on The Asahi Shimbun (News Paper) at evening 24th October 2012.

It has been adopted in support project for Overseas Expansion of Japan’s Venous Industries by MOE/Ministry of the Environment, Government of Japan. Additionally, it has been adopted in as the Early Bird Project, DMIC/Delhi-Mumbai Industrial Corridor Project by METI/Ministry of Economy, Trade and Industry, Japan.


Monday October 1st, 2012

今治コットンリサイクルが”MONOCLE issue 57, vol.06, Octorber 2012″に掲載されています

Imabari Cotton Recycle was appeared at corner of "JAPANxMONOCLE" in the "MONOCLE, vol.6, issue57" which is the England magazine.
It has been introduced in the 9th page of the magazine appendix entitled "JAPAN× MONOCLE." - "JAPAN'S NEW WORLD".
http://www.monocle.com/Magazine/volume-06/issue-57/

Please visit the official website for more information.
http://imabaricottonrecycle.com/


Monday August 27th, 2012

patagonia PERFECT BOOK に掲載されました

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

2012年8月27日発売のe-Mook MonoMax別冊「patagonia PERFECT BOOK」(宝島社)に、弊社のリサイクル技術が紹介されました。
patagonia社のコモンスレッズ・イニシアティブのページ(p.43)で紹介されています。
http://tkj.jp/book/?cd=12595101
patagonia日本支社は2012年よりFUKU-FUKUプロジェクトに参加しています。
http://fukufuku-project.jp/company.html


Wednesday August 22nd, 2012

Adopted in Phase C Innovation business of new energy technology by NEDO

Adopted in New Energy and Industrial Technology Development Organization(NEDO)'s "Innovation business of new energy technology", field of biomass phase C. http://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP2_100034.html


Monday July 2nd, 2012

PLA-PLUS Project has been published in United Kingdom’s magazine “MONOCLE vol.6”.

PLA-PLUS Project has been published in United Kingdom's magazine "MONOCLE vol.6"(July, 2012).

http://www.monocle.com/Magazine/volume-06/Issue-55/


Friday May 11th, 2012

eco japan cup TV VOL.21でustreamインタビュー中継が行われます

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

2008年度のeco japan Cup 三井住友銀行賞受賞について、受賞者の現在の取り組みと題してeco japan cup TVによるustream中継での弊社専務取締役 高尾 正樹へのインタビューが行われます。
放送は5月11日(金)17:00~18:00、URLよりご覧いただけます。ぜひご覧ください。
http://ejc-tv.blogspot.jp/ eco japan cup TV VOL.21


Tuesday May 1st, 2012

季刊エルコレーダーに寄稿しています

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

季刊誌ELCO RADER VOL.50(社団法人 環境生活文化機構)に弊社社長取締役 岩元が寄稿しています。
繊維製品リサイクルの現状やリサイクル事例の紹介、今後の展開などについて語っています。
http://www5.ocn.ne.jp/~elco/introduction/elcoradar.html


Tuesday May 1st, 2012

愛媛県高校の理科学習資料に掲載されました

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

日本環境設計株式会社の取り組みが、愛媛県高等学校の理科学習資料「探究」(愛媛県高等学校教育研究会理科部会編)に掲載されました。コットンリサイクルで綿繊維からバイオエタノールを生産する技術が取り上げられています。


Thursday April 26th, 2012

インドでの繊維・携帯電話リサイクル案件がVOICEで紹介されています

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

弊社のインドでの繊維・携帯電話リサイクル案件がVoice 2012年5月号 発行:株式会社PHP研究所および下記のページで紹介されています。
「インドにリサイクル技術をパッケージとして輸出」
Yahooみんなの政治 http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20120420-01-1401.html
VOICE http://www.php.co.jp/magazine/voice/


Thursday March 29th, 2012

野村證券主催の環境コンファレンスで講演しました

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

弊社代表取締役社長 岩元が、野村證券主催の環境コンファレンスで講演しました。
これまでのFUKU-FUKUプロジェクトなどの取り組みや、新プロジェクトの紹介、今後の展開などお話しました。

2012年3月23日(金) 野村證券株式会社 高輪研修センター
テーマ:環境エネルギービジネスの成長のために 〜ベンチャー支援の視点から〜
◇岩元講演テーマ(14:30-14:55)「『FUKU-FUKUプロジェクト、PLA-PLUSプロジェクト』から始まる環境動線仕組みづくりと技術開発」


Monday February 27th, 2012

PLA-PLUSプロジェクトがFNNに掲載されています

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

FNNニュース(2012年2月25日)にPLA-PLUSプロジェクトの記事が掲載されました。キデイランド原宿キャットストリート店での回収実験の様子が取材されています。

FNNニュース:プラスチック製品のリサイクルの可能性を考えていこうという社会実験がスタートしました。


Tuesday February 21st, 2012

PLA-PLUSプロジェクトが日本経済新聞に掲載されました


Monday February 20th, 2012

PLA-PLUS Project is being carried out in cooperation with the Ministry of the Environment

There was a press release about the demonstration project on PLA-PLUS Project by the Ministry of the Environment at 20th February, 2012.

20th February, 2012 Announcements: The start of the demonstration project for recycling plastic products of shop recovery


Monday February 20th, 2012

PLA-PLUS Projet “Notice of a social experiment collected and recycled plastic products”





JEPLAN is operating a demonstration project which is adopted by the Ministry of the Environment.

PLA-PLUS Project news release(PDF)
PLA-PLUS Project website http://plaplus-project.jp/


Monday January 30th, 2012

パタゴニア日本支社で弊社のリサイクル技術が紹介されています

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「着古されたパタゴニアのコットン製品は何に生まれ変わるのか」と題した記事の中で、弊社のリサイクル技術の見学の模様が掲載されました。
http://www.thecleanestline.jp/2012/01/recycle-cotton-into-biomass-ethanol.html


Monday January 30th, 2012

サイエンスウインドウに弊社の取り組みが掲載されました

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

独立行政法人科学技術振興機構が発行している雑誌「サイエンスウインドウ 2012年 早春号(2-3月)」に弊社の取り組みが掲載されました。
小学校・中学校・高等学校へ8万部が配布され、学校教員をはじめとする理科教育に携わる人々の授業教材に活かされています。

こちらのページからPDF版がダウンロードできます。(29ページに掲載)
http://sciencewindow.jp/issue/pdf/SW2-3_1P_2012.pdf

サイエンスウインドウ
http://sciencewindow.jp/