2016年12月12日

製品プラスチックの店頭回収・リサイクルの実証事業 BRING PLA-PLUSプロジェクト開催のお知らせ

日本環境設計株式会社(以下、当社 所在地:東京都千代田区霞が関 代表取締役社長 髙尾 正樹)は、環境省と連携して、生活用品等の製品プラスチックの効率的な回収・リサイクルを促進することを目的とした店頭回収によるリサイクル実証事業「BRING PLA-PLUSプロジェクト」(以下、本プロジェクト)を2016年12月12日(月)から2017年3月5日まで開催いたします。※1

今回で第6回目を迎える本プロジェクトは、環境省の「平成28年度製品プラスチックの効率的な回収・リサイクル方策に係る調査・実証業務」として、これまでの実証事業の結果を活かしつつ、さらに多くの企業・団体とさらに効果的な連携により、製品プラスチックの回収と再製品化に向けた製品づくりを検討します。
参加企業・団体が増えたことにより、再資源化の新たな方向性の検討も交えて、それぞれの製品プラスチックの性質に適した再資源化技術による再製品化を検討します。

【BRING PLA-PLUSプロジェクト開催概要】
・実施期間:平成28年12月12日(月)~平成29年3月5日(日)
           ※1:実施期間は参加企業店舗ごとにことなります。
・対象製品:使わなくなったおもちゃ、文具、雑貨などの製品プラスチック
・参加方法:
1.使わなくなった製品プラスチックを集める
2. 製品プラスチックを回収場所に持ち込む
(ハチくんマークが目印です)
3.回収場所に設置された回収箱に製品プラスチックを入れる

詳しくは本プロジェクトホームページを参照ください。
日本環境設計リリース)BRING プラプラプロジェクト開催のお知らせ_20161212