2018年10月11日

回収した衣料品をバイオ燃料にリサイクルしてジェット機を飛ばす企画
「10万着で飛ばそう! JALバイオジェット燃料フライト」に参加します

日本環境設計株式会社(以下、当社 代表取締役社長:髙尾 正樹、所在地:東京都千代田区)は、日本航空株式会社(以下、JAL 代表取締役社長執行役員:赤坂 祐二氏、所在地:東京都品川区)の主催により2018年10月15日にスタートする「10万着で飛ばそう! JALバイオジェット燃料フライト」の企画に参加いたします。
この企画は、当社の衣料品プロジェクト「BRING」で回収された衣料品に含まれる綿繊維を当社が糖化までを行い、その後、株式会社Green Earth Institute(以下、GEI 代表取締役社長:伊原 智人氏、所在地:東京都文京区)が、公益財団法人地球環境作業技術研究機構(以下、RITE 理事長:茅 陽一氏、所在地:京都府木津川市)により開発されたバイオプロセスを使いバイオジェット燃料を生産し、そのバイオジェット燃料で2020年中にチャーターフライトを運航する、というものです。

■「10万着で飛ばそう! JALバイオジェット燃料フライト」
フェイズ1:リサイクルイベントなどで消費者から衣料品を回収します
フェイズ2:回収した衣料品(綿)を原料にバイオジェット燃料の製造に試みます
フェイズ3:2020年中にバイオジェット燃料を使った日本初のチャーターフライトに挑戦します。また、衣料品の回収に参加された方から抽選でこの記念すべきフライトへご招待します。
・衣料品回収期間:2018年10月15日(月)~12月20日(木)
・衣料品回収場所:大丸・松坂屋、レナウンなど ※詳細はhttps://100000biojet.com/ を参照ください
・主催:日本航空株式会社
・協力: GEI、RITE 他

詳細は下記をご参考下さい
【日本環境設計】回収した衣料品をバイオ燃料にリサイクルしてジェット機を飛ばす「10万着で飛ばそう! JALバイオジェット燃料フライト」参加のお知らせ