クローズドループ「服から服をつくる技術」

クローズドループ
「服から服をつくる技術」

衣料品の約60%はポリエステル繊維が使用され、おおよそ年間4000万トン以上が生産されています。
多くのポリエステル繊維が石油資源由来の原料が使用されています。私たちは、この衣料品に含まれるポリエステル繊維を溶かしだし、精製して、もう一度ポリエステル繊維の原料であるポリエステル樹脂を製造する技術開発に成功しました。

ポリエステル100%だけではなく、
いろんなものが混ざっても
リサイクルすることができます

この技術は、化学的にポリエステルをエチレングリコール溶液中にて解重合させBHET(ポリエステルモノマー)を得、その後、そのBHETを精製し、様々な不純物を取り除きます。精製されたBHETを重合させてポリエステル樹脂を得るものです。
一般的に、衣料品はポリエステル100%だけでなく、綿繊維やその他の繊維が混紡されています。我々は、このうちポリエステルだけを解重合させるため、混紡されていたり、ボタンやファスナーが付属していたりする衣料品でもリサイクルすることができます。

クローズドループ「服から服をつくる技術」

CO2の排出削減

我々のポリエステル樹脂(S-PET)は、原料が不要となった衣料品であるため大幅にCO2の排出を削減することができます。※古着を3万トン処理した場合の理論値です

クローズドループ「服から服をつくる技術」

北九州響灘に工場建設中

工場建設の様子はこちらで公開中
北九州響灘工場における再生ポリエステル製造事業の研究開発分野ついてはNEDO事業として助成金を受けております。