私たちはボトルtoボトルリサイクルに
取り組んでいます。

日本のペットボトルは回収率92%、再生率85%です。
これは非常に高い数値であり、日本はペットボトルリサイクル先進国と言われています。

しかし、回収されたペットボトルがペットボトルに再生されるとは限りません。
新たな製品へと生まれ変わったとしても、再びリサイクルできるものでなければ
資源は限られている以上、いつか限界がきます。

回収されたペットボトルから新たなペットボトルを再生する。
これを「ボトルtoボトル リサイクル」と呼んでいます。

BRING BOTTLE SPOTはボトルtoボトル リサイクルの象徴です。
ここで回収されたペットボトルは
分子レベルまで分解して不純物を除去するケミカルリサイクルと呼ばれる技術を用いて、
何度でもペットボトルに再生することが可能です。

 

役割を終えたモノがゴミにならず、価値ある資源として循環する社会を目指すため
以下の地域ではJEPLANグループと協力し、ボトルtoボトル リサイクルに取り組んでいます。



  
 (※上から五十音順)