第5回 PLA-PLUSプロジェクト(平成27年度実施) 開催のお知らせ

リサイクルインフラの構築、運営事業を手がける日本環境設計株式会社(東京都千代田区霞が関 代表取締役社長 岩元 美智彦)は、
環境省と連携して行われる「PLA-PLUSプロジェクト」の事務局として、本プロジェクトを開始します。
今年で第5回目を迎える本プロジェクトは、環境省の「平成27年度製品プラスチックの効率的な回収・リサイクル方策に係る調査・実証業務」のもと行います。
消費者の日常生活の動線上にリサイクルに参加しやすい拠点を整備し、効率的な回収・リサイクルの仕組みを構築します。
また、リサイクルの技術開発動向もふまえ、プラスチック製品を資源にリサイクルし、再び製品を作ることを検討し、新たな再資源化ビジネスモデル作りをも目指します。


第5回 PLA-PLUSプロジェクト(平成27年度実施)
・実施期間 :平成28年2月14日(日)~平成28年3月14日(月)(企業により異なります)
・対象製品 :使わなくなった文具、おもちゃなどのプラスチック製品
・参加方法 :
1.お手持ちの使わなくなったプラスチック製品を集める
2.プラスチック製品を回収場所に持ち込む (ハチくんが目印です)
3.店頭、店内に設置された回収箱に、プラスチック製品を入れる
・回収実施企業数:42 企業・団体  ( 1月18日時点 )


詳細は下記ニュースリリースを参照ください
第5回PLA-PLUSプロジェクト(平成27年度実施)ニュースリリース

As our aim is to establish an circular economy, we will organize our most important project, the PLA PLUS PROJECT which will celebrate its fifth anniversary.
We will organize this project again under the survey of the ministry of environment for developed research in terms of "efficient collection and different types of recycling".
JEPLAN will integrate parts of the recycling infrastructure into the daily lives of customers, so they can easily participate in the recycling project.
In addition, we increased the number of recycling technologies and optimized our working process to be able to recycle plastic and then turn them again into different products. Currently we plan to introduce a new business model using this kind of recycling technology.


The fifth PLA-PLUS PROJECT(first introduced in 2015)
・Date: 2/14 (SUN)~3/14 (MON)
・Collection items: Household items, toys made out of plastic
・How to participate:
1.Collect household items which are no longer needed
2.Take the plastic items to the collection points (Bee character is landmark)
3.Put them into the collection boxes
・participating shops/companies: 42


For further information, please click on the link below (Only available in Japanese):
第5回PLA-PLUSプロジェクト(平成27年度実施)ニュースリリース