Axens、IFPEN、日本環境設計は使用済みPETのリサイクルに向けて 共同で技術開発及び事業化を開始します

Axens、IFPEN、日本環境設計(JEPLAN)の3社はこのほど、ペットボトルやポリエステル繊維、そしてフィルムなどのポリエチレンテレフタレート(PET)素材でつくられた使用済み製品のリサイクルを実現するモノマーリサイクルという高度な技術について、プロセスの開発、実証、そして商業化を目的とした共同開発及び事業提携契約を締結しました。

3社で共同開発する新たなプロセス「Rewind PET」は、PETのモノマーであるBHETを経由するPET解重合工程を最適化し、使用済みPET製品に含まれるあらゆる不純物を除去する精製工程と組み合わせ、高純度なBHETを得るプロセスです。このプロセスを通して精製された高純度BHETは既存の重合設備において、繊維から食品容器向けに至るまで、多様なPET製品の原料として用いることができます。

この提携は、日仏双方のPETリサイクル分野における確固たる実績に基づくものです。まず、日本環境設計の子会社であるペットリファインテクノロジー(PRT、年間22千トン)は、世界に先駆けて使用済みPETボトルのケミカルリサイクル工場を商用運転していた実績があります。また、2018年より自社の北九州響灘工場(KHP)において、年間2千トンの生産規模を持つポリエステル繊維に特化した「服から服をつくる」ことを可能にした工場を稼働させています。IFPENAxensは過去6年間、色付きや濁りのあるペットボトルを食品容器向けの透明なPET樹脂にリサイクル可能なプロセスの開発に尽力してきました。

Axens、IFPEN、そして日本環境設計の3社は、それぞれがこれまでに培ってきた工場のオペレーション、エンジニアリング、技術開発における能力を結集し、日本環境設計の年産2千トン能力の北九州響灘工場(KHP)を活用しながら様々なPET原料に対する適応性に優れた共同プロセスのさらなる開発と実証を加速していきます。フランスのIFPEN設備および実証プラントによる開発を同時に進め、2022年末までに世界市場を対象にRewind PETプロセスをAxensによりライセンスすることを目標とします。

それまでの期間に3社は、関心を高く持っていただいているPET製容器包装やポリエステル繊維を扱う企業の方々と積極的にコミュニケーションを図ってまいります。そして、すべてのプロセスおよび物流網を安全、安定に保ち、かつ経済的継続性を維持しながら、このプロセスで得られるリサイクルPETの品質が確かであることを実証し、さらにこれらの企業の方々とRewind PET プロセスを活用した事業開発を推進してまいります。

詳細は下記ニュースリリースを参照ください
【日本環境設計】AXENS、IFPEN、日本環境設計は使用済みPETのリサイクルに向けた共同技術開発及び事業化開始のお知らせ