日本環境設計は西武ライオンズのリサイクルパートナーとして メットライフドームで廃棄される使用済みペットボトルの循環をサポートします

日本環境設計(以下、JEPLAN 代表取締役社長:髙尾 正樹、所在地:東京都千代田区)は、株式会社西武ライオンズ(以下、ライオンズ 代表取締役社長:居郷 肇、所在地:埼玉県所沢市)のリサイクルパートナーとして、ライオンズの本拠地であるメットライフドームで廃棄されるペットボトルのリサイクルをサポートいたします。

これは、西武ライオンズが行っているコミュニティ活動「L-FRIENDS()」で掲げている4つの柱のうちの「環境支援」の一環として、メットライフドームで廃棄されるすべての使用済みペットボトルをライオンズがボトルtoボトルの循環を目指すことを目的に実現いたしました。2021シーズンパシフィック・リーグ公式戦におけるメットライフドーム主催ゲーム初戦から回収が行われる使用済みペットボトルは、JEPLANの子会社である株式会社ペットリファインテクノロジーで一括リサイクルのうえ、ペットボトルとして生まれ変わります。

プロ野球12球団としてケミカルリサイクルを活用したペットボトルのリサイクルは今回が初めてとなる取り組みであり、当社は今回のパートナーシップによりプロ野球のみならず様々なスポーツの場や地域が取り組むSDGsの活動を日本環境設計グループとしてサポートしていくことを今後さらに強化して参ります。

L-FRIENDSとは
2018 年3 月より当社が行っているコミュニティ活動の総称。「野球振興」「こども支援」「地域活性」「環境支援」の4 つの柱として、よりすこやかな社会、のびやかな未来を目指しさまざまな活動を行います。(L-FRIENDS 特設サイト/https://www.seibulions.jp/lfriends/)

詳細は下記ニュースリリースを参照ください
【日本環境設計】日本環境設計は西武ライオンズと使用済みペットボトルのリサイクルを開始します