YKKグループの新ユニフォームのリサイクルを
BRING Uniform™が担当することに決定
新ユニフォームにはリサイクル回収を意味するBRING™のタグがあしらわれます

日本環境設計(以下、JEPLAN 代表取締役社長:髙尾 正樹、所在地:東京都千代田区)は、YKK株式会社 (以下、YKK 代表取締役社長:大谷 裕明、本社:東京都千代田区)がこの春にリニューアルする、国内グループ各社の従業員向け新ユニフォームのリサイクルを担当することになりました。新ユニフォームのリサイクルにあたっては、JEPLANが運営する一般社団法人日本循環型社会形成推進協会を主体とした広域認定制度を活用したユニフォームリサイクル「BRING Uniform™」の運用にてリサイクルを行う予定です。

今回のYKKグループでのユニフォームリニューアルは1993年以来28年ぶりに実施され、「BRING Uniform™」は41日より着用が開始される新ユニフォームを対象に使用済みユニフォームの回収、そしてBRING Technology™により再生ポリエステルBRING Material™へとリサイクルします。なお、新ユニフォームにはBRINGによるリサイクル回収対象品であることを示すBRINGのタグを付け、着用する従業員が日頃からサステナブルな取り組みへの参加意識を高めることにも意識してデザインが施されています。次回のユニフォームリニューアル時に再生ポリエステルをユニフォーム製造に活かすなど、企業ユニフォームから始めるサーキュラーエコノミーの実現を目指します。

詳細は下記ニュースリリースを参照ください
【日本環境設計】YKKのユニフォームのBRING Uniformによるリサイクル決定のお知らせ