川崎市、日本環境設計、サミット、寺岡精工が連携
「完全循環型ペットボトルリサイクルスキーム」構築の 実証実験を「産官民」連携でスタート

川崎市、日本環境設計株式会社(本社:神奈川県川崎市/代表取締役社長 髙尾 正樹)、サミット株式会社(本部:東京都杉並区/代表取締役社長 服部哲也)、株式会社寺岡精工(本社:東京都大田区/代表取締役社長 山本宏輔)は、小売店・リサイクラー・メーカーのパートナーシップによる、消費者の参加を軸にしたボトルtoボトルの「完全循環型ペットボトルリサイクルスキーム」構築の実証実験を、川崎市内で実施します。77日(水)より半年間、市内のサミットストア3店舗に、寺岡精工のペットボトル減容回収機「ボトルスカッシュ(DRV-100T)」を設置し、来店客が持参した使用済みペットボトルを回収し、日本環境設計のケミカルリサイクル技術により新たなペットボトルへとリサイクルします。

■ボトルtoボトルの「完全循環型ペットボトルリサイクルスキーム」構築の実証実験 

本実証実験では、プラスチックごみ問題の解決、資源の有効活用と低炭素型リサイクル実現のため、ボトル to ボトルの完全循環型リサイクルスキームの構築を目的に実施します。川崎市、同市に本社を置くリサイクル事業を手掛ける日本環境設計とそのグループ会社であるペットリファインテクノロジー、市内のスーパーマーケット「サミットストア」、ペットボトル回収機メーカーの寺岡精工が連携した「産官民」の実証実験で、店頭の回収機で使用済みペットボトルを回収し再びペットボトルにリサイクルする、川崎市を舞台にした「地域内循環」の取り組みとしては国内初となります。

7月7日より、川崎市内のサミットストア尻手駅前店、南加瀬店、中野島店の店頭に寺岡精工のペットボトル減容回収機を設置し、消費者にペットボトル持参の協力を呼び掛けます。回収したペットボトルは、使用済み製品の回収プログラムの運営を複数手掛けてきた日本環境設計の知見と独自のケミカルリサイクル技術「BRING Technology」※1を用いて同社グループ会社のペットリファインテクノロジーによりペットボトルに生まれ変わります。生まれ変わったペットボトルは飲料メーカーにて新たな商品となって、再び店頭に並べられることを目指します。

この実験では、半年間を目安にリサイクルスキームの課題を見つけ、川崎市という地域限定の取り組みにすることで、より環境負荷が低く、物流面・コスト面でも効率のよい運用を検討し、地域内循環の”ボトルtoボトル”リサイクルによるサーキュラーエコノミーの実現を目指します。また、地域の消費者によるペットボトル回収への参画、協力を通じて、環境保護や社会に配慮した消費スタイルの確立に繋げていきたいと考えます。
※1 独自の化学技術により高純度なモノマーを回収し、石油由来と同等品質のペットボトルに再生する手法

詳細は下記ニュースリリースを参照ください
【川崎市・日本環境設計・サミット・寺岡精工】完全循環型ペットボトルリサイクルスキーム構築の実証実験実施のお知らせ