日本環境設計株式会社は株式会社九電工に対して
第三者割当増資を実施いたしました

日本環境設計(以下、JEPLAN 代表取締役社長:髙尾 正樹、所在地:神奈川県川崎市)は、株式会社九電工(以下、九電工 代表取締役社長:佐藤 尚文)に対して第三者割当増資を実施いたしました。JEPLANは本増資資金により、独自のケミカルリサイクル技術「BRING Technology™」を用いた設備を、今後より環境負荷の低減に貢献できる設備にしていくことを目指します。

JEPLANの独自技術であるケミカルリサイクル技術「BRING Technology™」を用いた北九州響灘工場は、2017年に竣工して以降、再生ポリエステル樹脂の製造拠点として重要な役割を果たしてまいりました。今回の九電工との連携により再生可能エネルギーの技術力、ノウハウを活用し、さらなるCO2排出削減効果の実現に向けた取り組みを進め、北九州響灘工場やJEPLANの子会社であるペットリファインテクノロジー株式会社の存在価値をより強固なものにしていきたいと考えております。

JEPLANは「あらゆるものを循環させる」というビジョンの実現に向けて、引き続き国内外のパートナーと連携を進め、サーキュラーエコノミーをリードしていくことに努めます。

詳細は下記ニュースリリースを参照ください
【日本環境設計】株式会社九電工に対する第三者割当増資実施のお知らせ