花王が進める化粧品プラスチックボトルの
再生化にむけた実証実験のリサイクルパートナーとして参画いたします

日本環境設計株式会社(代表取締役 執行役員社長:髙尾 正樹、所在地:神奈川県川崎市、以下 「日本環境設計」)は、花王株式会社(代表取締役 社長執行役員:長谷部 佳宏、所在地:東京都中央区、以下「花王」)が進める化粧品ボトルリサイクルの再生化にむけた実証実験にリサイクルパートナーとして参画することが決まりましたので、お知らせいたします。

この取り組みは、花王がめざす化粧品プラスチックボトルの水平リサイクル(回収した使用済み  化粧品ボトルを用いて再生素材を製造し、再び化粧品ボトルに戻すこと)の第一歩になります。
具体的には、2月1日(火)から7月31日(日)の6か月間、化粧品ブランド「TWANY(トワニー)」を取り扱う関東エリアの一部店舗にて消費者から花王(カネボウ化粧品)の使用済みPET素材の化粧品 ボトルを回収します。
そして日本環境設計は、回収された化粧品ボトルに関して、ケミカルリサイクル技術(BRING Technology™)を用いて再資源化を進めます。

今後も日本環境設計は「あらゆるものを循環させる」というビジョンの実現に向けて、引き続き国内外のパートナーとの連携を進め、日本環境設計グループ一丸となりサーキュラーエコノミーを牽引して いくことに努めてまいります。

<化粧品ボトル回収の概要>
・回収期間:  2022年2月1日(火)~7月31日(日)
・回収店舗:  化粧品ブランド「TWANY(トワニー)」を取り扱う関東エリアの一部店舗
・対象ブランド:「TWANY」、「DEW」、「freeplus」、「L'EQUIL」、「suisai」など
・対象ボトル: 化粧水、乳液、シャンプーなどのPET素材のボトル容器

詳細は下記ニュースリリースを参照ください
【日本環境設計】花王の化粧品プラスチックボトルの再生化にむけた実証実験に参加します