日本環境設計と別府市が「地域循環共生圏推進」に関する包括連携協定を締結
「ボトルtoボトルリサイクル」に関する取り組みについても協働へ

日本環境設計株式会社(代表取締役 執行役員社長:髙尾 正樹、所在地:神奈川県川崎市、以下「日本環境設計/JEPLAN」)は、大分県別府市(市長:長野 恭紘)と「地域循環共生圏」の推進に寄与することを目的として包括連携協定を締結しましたのでお知らせいたします。

別府市は、自然と共生し環境への負荷の少ない循環型社会の実現を目指し、環境保全に関する施策の総合的計画的な推進を図り、様々な環境保全施策に積極的に取り組んでいます。

本包括連携協定の締結により、日本環境設計と別府市は双方が有する人的・物的資源の有効活用し、地域内資源循環の推進や消費行動のムーブメントづくりなど、地域環境保全と地域経済・社会活性化の両立に向けて協働していきます。

今後も日本環境設計では「あらゆるものを循環させる」というビジョンの実現に向けて、引き続き国内外のパートナーとの連携を進め、日本環境設計グループ一丸となりサーキュラーエコノミーを牽引していくことに努めてまいります。

<「地域循環共生圏推進」に係る包括連携協定の概要>

・目的:
 別府市と日本環境設計株式会社が包括的な連携のもと相互に協力し、「地域循環共生圏」 の推進への寄与
・期間: 令和429日から令和83月末日まで
・連携事項:
1)域内資源循環に向けた取組の推進
  ペットボトルをはじめとする地域内資源循環システム構築など
2)消費行動のムーブメントづくりの推進
  市民の行動変容・意識改革に繋がる機会創出(市民参加型イベントの実施)など

詳細は下記ニュースリリースを参照ください
【プレスリリース】日本環境設計と別府市が「地域循環共生圏推進」に関する包括連携協定締結のお知らせ