日本環境設計と亀岡市が「環境パートナーシップ」に
係る包括連携協定を締結
「ボトルtoボトルリサイクル」に関する取り組みについても協働へ

日本環境設計株式会社(代表取締役 執行役員社長:髙尾 正樹、所在地:神奈川県川崎市、以下「日本環境設計 / JEPLAN」)は、京都府亀岡市(市長:桂川 孝裕)と「かめおか未来づくり 環境パートナーシップ」に係る包括連携協定を締結しましたのでお知らせいたします。

亀岡市は、自然環境の保全と地域経済の活性化に向けた環境先進都市の実現を目指し、SDGsを推進し、事業パートナーとの提携のもと、地域資源を活用した新たな価値創出に取り組んでいます。

今回の包括連携協定の締結により、日本環境設計と亀岡市はパートナーとして有する資源を有効活用し、経済的・社会的価値を創造しながら、環境に配慮した取り組みを協働していきます。

今後も日本環境設計では「あらゆるものを循環させる」というビジョンの実現に向けて、引き続き国内外のパートナーとの連携を進め、日本環境設計グループ一丸となりサーキュラーエコノミーを牽引していくことに努めてまいります。

日本環境設計における「かめおか未来づくり環境パートナーシップ協定」の概要>

主な取り組み:
 ・ケミカルリサイクル技術を用いた使用済みペットボトルの​ボトルtoボトルリサイクルの推進​
 ・古着回収拠点の設置等に関する共同検討​
 ・環境教育及び啓発を目的とした市民参加型イベントの実施など​

詳細は下記ニュースリリースを参照ください
【プレスリリース】日本環境設計と京都府亀岡市が包括的連携協定を締結