日本環境設計グループの ペットリファインテクノロジー株式会社が
「かわさきプラスチック循環プロジェクト」に参画いたします

日本環境設計株式会社(代表取締役 執行役員社長:髙尾 正樹、所在地:神奈川県川崎市、以下「日本環境設計 / JEPLAN」)の子会社であるペットリファインテクノロジー株式会社(代表取締役社長:伊賀 大悟、所在地:神奈川県川崎市、以下「ペットリファインテクノロジー」)は、川崎市(市長:福田 紀彦)が設立する「かわさきプラスチック循環プロジェクト」に参画いたします。

本プロジェクトは、川崎市内において市民・事業者・行政が連携してプラスチック資源循環の一層促進を目指す取り組みとして、拠点回収事業や情報収集・発信などを行います。

川崎市は、PETボトルリサイクルにおいて化石燃料の使用削減やCO₂排出削減等の観点から目指すべき姿とされる使用済みPETボトルを新たなPETボトルとして循環させる「ボトルtoボトル」をケミカルリサイクルとマテリアルリサイクルで取り組んでいます。

川崎市に社を構えるペットリファインテクノロジーは、独自のケミカルリサイクル技術「BRING Technology™」により、使用済みPETボトルを石油由来のPET樹脂と同等品質の原料に再生することで、水平リサイクルであるボトルtoボトルを何度でも実現させることが可能であり、本プロジェクトに参画することで地元地域の継続的な循環に貢献していきます。

今後も日本環境設計グループ一丸となりサーキュラーエコノミーの牽引に努めてまいります。

詳細は下記ニュースリリースを参照ください
日本環境設計グループ ペットリファインテクノロジー株式会社が「かわさきプラスチック循環プロジェクト」に参画