日本環境設計グループ ペットリファインテクノロジー株式会社と京都府京丹後市が、 「ペットボトル水平リサイクル」に向けた包括連携協定を締結

日本環境設計株式会社(代表取締役 執行役員社長:髙尾 正樹、所在地:神奈川県川崎市、以下「日本環境設計 / JEPLAN」)は、子会社であるペットリファインテクノロジー株式会社(代表取締役社長:伊賀 大悟、所在地:神奈川県川崎市、以下「ペットリファインテクノロジー」)と京都府京丹後市(市長:中山 泰)が20224月に開始する「ペットボトル水平リサイクル」に向けた包括連携協定を締結したことをお知らせいたします。

京丹後市は、環境循環都市として、環境問題に対する先駆的な取り組みを評価され環境大臣賞を受賞した実績をもつ自治体です。今回の協定締結により、使用済PETボトルをペットリファインテクノロジーが有するケミカルリサイクル技術を通じて、石油由来のPET樹脂と同等品質の原料に再生することでボトルtoボトルを実現させ、限りある資源の再利用と新たな石油資源の使用削減・CO2排出の削減に取り組んでまいります。

今後も日本環境設計は「あらゆるものを循環させる」というビジョンの実現に向けて、引き続き国内外のパートナーとの連携を進め、日本環境設計グループ一丸となりサーキュラーエコノミーを牽引していくことに努めてまいります。

詳細は下記ニュースリリースを参照ください
【プレスリリース】日本環境設計グループ:ペットリファインテクノロジー株式会社と京都府京丹後市による包括連携締結のお知らせ