CONCEPT

サーキュラーエコノミーを
実現する製品

BRINGとそのパートナーは、消費者といっしょに服を集めてリサイクルするだけではなく、みんなが欲しくなる製品にまで生まれ変わらせて、世の中に還元します。

サーキュラー・エコノミー(Circular Economy)とは、再生し続ける経済環境を指す概念です。
いままでは廃棄されていた消費者が持つ使用済みの製品・部品・資源を最大限に活用し、それらの価値を目減りさせずに永続的に再生・再利用し続けるビジネスモデルも意味します。

VALUE





CO2の排出削減

我々のポリエステル樹脂(S-PET)は、
原料が不要となった衣料品や
ペットボトルであるため
CO2の排出を
大幅に削減することができます。
※古着を3万トン処理した場合の理論値です

石油資源の使用削減に
貢献する


PROCESS

PET/Polyester chemical recycling process

回収



ソーティング


ペットボトル/ポリエステル衣料

非ポリエステル衣料

※他の技術でリサイクル


解重合



脱色



重合



製品製造


PRODUCTS

店頭で回収された古着はわたしたちの技術でリサイクルされたのち、BHETという原料に生まれ変わります。BHETはポリエステルモノマーです。このモノマーをつなげていく(重合させる)と、ポリエステル/PETをつくることができます。
一般的にポリエステル/PETは石油由来原料から製造されますが、わたしたちは古着由来のBHETから製造することで石油由来原料の使用削減を実現します。

古着からつくられたBHETを重合させることでポリエステル/PET樹脂をつくることができます。このPET樹脂は石油由来原料と同様の品質であるため、様々なポリエステル製品を製造することが可能です。
また、本来はその製造に必要だった石油由来原料を使用削減することが可能です。

PET樹脂を繊維にすればポリエステル繊維、ボトルにすればPETボトルと呼びます。わたしたちのサスティナブルなPET樹脂は石油由来原料と同様の品質であるため、石油由来のヴァージン原料を利用するのと同様に様々な糸・布製品を製造することが可能です。

世界中で製造されている繊維のうち、50~60%はポリエステル繊維です。そして現在、そのほとんどが石油由来原料によって製造されています。わたしたちが提供する布製品は、それらを置き換えていくことで、石油由来原料の使用削減に貢献します。