BRING

BRING 衣料品回収とは

世界では毎年9,200万トン(*1)、日本でも年間およそ
147万トンもの衣類・繊維くずが廃棄されており、これらの多くが焼却もしくは埋め立て処分されています。BRINGはそのように不要になった衣類や繊維製品を、生活者の協力を仰ぎながらリサイクルにつなげる
プロジェクト。小売店で古着を回収し、私たちが開発した独自技術を使ってポリエステル繊維を
再生ポリエステル原料に変え、そこからまた新たな服をつくります。BRINGではこれまでに
Tシャツ約1,500万枚分にあたる3,000トンの古着を回収しました。回収した服から新しい服をつくることで
廃棄される繊維を減らすとともに、限られた資源の有効活用に貢献できます。
出典:
*1 「PULSE OF THE FASHION INDUSTRY 2017」, Global Fashion Agenda and The Boston Consulting Group, Inc.

BRING
BRING

BRINGは企業の皆さま同士が連携し、生活者と一緒になって衣類のリサイクルを行う取り組みです。
リサイクルしたい生活者とリサイクルしたいメーカーや事業者をつなげる、そんな資源が循環する
仕組みは、たくさんの人を巻き込んだ循環型社会の形成につながると考えています。SDGsが掲げる
目標達成に貢献しつつ、来店動機を創出し、新たな消費のきっかけにもなります。BRINGは事業者、
生活者と共にリサイクルの輪を広げてサーキュラーエコノミーを実現し、不要になった「もの」が
当たり前のように循環される、そんな社会を目指します。

導入方法

リサイクルキャンペーンの内容(実施店舗、回収対象物、期間など)を設定します

リサイクル告知の販促物等をご制作いただき、お客さまへアピールをお願いいたします

回収後の集荷依頼はシステム上で完結。後日、回収量をご報告いたします

リサイクルの流れ

BRINGで回収した古着は素材やパーツで分別し、リサイクルしています。
ウールやコットンなどポリエステル以外の素材もパートナーと協力し、リサイクルしています。
回収した古着を100%リサイクルすることも、まだ着られるものを
寄付やリユースすることも可能です。

リサイクルフロー
BRING